年齢と転職のハードル

誰しもが思うことは、転職をするときに考える自分の年齢。
年齢を重ねれば重ねるほど難しくなってくるのは当たり前です。
求人票には、男女や年齢制限を書かないとされていますが
面接までこぎつけたとしても、結局のところ年齢で落とされることになるのなら、最初から年齢制限を記載してくれた方が、どれだけ親切かと思います。
希望を持ち面接に行き落とされる、時間や交通費、履歴書の写真代が
勿体ないだけなのですから。 
職種にもよりますが、確かに年齢は大切だと思います。
ですが、体力と能力、そしてやる気があれば十分採用されても良いのではないかと思ってしまいます。
しかしながら現実は、特に男性上司であれば若い子や可愛い子を採用したくなるのは当たり前。そこが年配にとっては辛いところです。
安易に転職なんかしようと思うものなら、面接、採用頂くまでに
若い子と比べ何倍も何十倍も苦労しなければなりません。
それが現実だと思うと、歳はとりたくないものだと思ってしまいます。

カテゴリー: 転職・求人関連 | コメントする

保育士の転職するには

保育士の転職方法はいくつかあります。
公立や私立の保育園の方は、仕事が決まっている方も多いのではないでしょうか。

ただ、この時期から転職をされる方もいます。その場合は公立や私立ではなく、
認可外保育園と呼ばれる所であったり、託児所みたいな所です。
そういった所であれば、これからでも十分に転職が間にあります。

その為にも、しっかりとした知識をつける方が良いとされています。
サイトを見ているとたくさんあるのですが、以下のサイトは読みやすく紹介されていましたので、紹介しておきます。

http://mto14368cd07.com/

保育士さんが働く為の方法であったり、それまでの過程であったりと、ご存知の方でも参考になると思います。

カテゴリー: 転職・求人関連 | コメントする

緩すぎる転職活動を経験して企業の多様性を思い知る

どのようにして転職活動を進めるのが効率的なのか悩んでいた頃、私は企業のSNSを眺める作業に熱中していました。広報担当者の考え方を知れば、自ずと欲している人材の特徴が浮き彫りになると思ったからです。

しかし、社会は私が思うほど甘くはありません。どの企業も、自社製品のアピールに集中しすぎていて収穫がなかったのです。神経をすり減らして疲れ果てた私は、興味を持っている企業のSNSアカウントにメッセージを送ってみることにしました。希望する会社に入るにはどうすれば良いのかという、実に稚拙な内容の文章です。

すると、もしも自社に入りたいならいつでも来るようにと返信がありました。会社都合の長期休暇真っ只中でしたから、ダメ元で言われた通りに来社してみることにしたのです。SNSで誘われた旨を伝えると、メモ用紙を差し出されました。簡単な経歴を書くように指示され、それが済むと面接という名の雑談が始まります。仕事には関係のない話ばかりでしたが、何故か採用されて今もその会社でお世話になっています。

カテゴリー: 転職・求人関連 | コメントする

転職に際して考慮する事

私も一回だけ転職を経験しています。新卒で入社した食品スーパーの仕事内容や将来的に自分が希望する職種につける可能性が低いと分かった時点から積極的に就職活動を行ないました。

正直、在職中の転職活動は、現職との兼ね合いからも厳しく、応募企業によっては、急募というような案件も多く、離職している方に比べて不利になる事もありました。

しかし、離職してブランクが長いと再就職できるかどうかは保証されておらず、離職期間が長引けば長引く程、逆に就職活動を真面目にしていないか、どこからも内定を得る事ができていないとも取られかねないので、退職前の有給消化中から遅くとも失業保険を受給し終える時期までに集中して、就職活動をしていく事がベストだと思いました。

あと、転職の際は、自分自身がやりたい事を本気で見つめ直し、会社に対して求める部分(条件・仕事内容・企業規模等々)を明確にして、それに合致する企業に的を絞っていく事、訪問して少しでも違和感を感じたら、辞退するといったようなブレない姿勢を持たないと失敗するとも感じました。

カテゴリー: 転職・求人関連 | コメントする

転職は、してみないと分からないものです

私は、去年に転職をしました。
転職をする際には、長く続けられる所を探したいと思ったので、自分の家からの通勤がしやすいか、勤務時間は自分が希望しているものか、勤務日は自分がプライベートと両立させやすいか、給料は自分が希望しているものか、仕事内容は自分が希望しているものか、などを考慮して、新しい職場を見つけ、応募をしてみました。

これだけ考えたのですが、実際に仕事を始めてみないと分からない事だらけです。
なので、最初の面接の際に、自分が気になっている事を確認してみました。

答えとしては、私が気になっていた事は、仕事をする上では特に問題ないとのことだったので、内定をもらって、仕事を始めてみました。
ですが、実際に仕事を始めてみると、私が心配していた事だらけなのです。

体力には自信がないと伝えていたのですが、毎日のほとんどの時間で重い荷物を運ぶ事になりました。
せっかく、自分で考えて、確認もして、転職に踏み切ったのに、予想と違う事だらけに戸惑っています。

カテゴリー: 転職・求人関連 | コメントする

転職の面接ではどんな質問にもネガティブな言葉は使わないことが大事

私が今まで”転職”と言えることをしたことは何回かあって、そのひとつはパートの仕事から正社員になるためにです。
ある仕事を始める前に資格の勉強をして、そしてなんとかその仕事に就くことができまししたが、そのときの待遇はパートでした。正社員で仕事を探していましたがそういう求人がなかったのです。だからしかたなく(といっては失礼ですけど)、経験を積むことができるだろうとパートの仕事を始めました。

そのパートをやめて正社員の仕事を・・と思って求職活動しましたが、思ったようには全然いきませんでした。同じ職種で探すのは諦めて、資格も関係なく自分にできそうな仕事を探して面接を受けましたが、こちらもダメでした。「なんで〇〇(資格の名前)をいかした仕事をしないの?」などと質問されると、正直ちょっとつらかったです。そういうときは資格をいかした仕事がないからだと答えてましたけど、これはいい答え方ではなかったと思います。たとえ本当のことであっても、なるべくネガティブな表現は使わないほうがいいと思います。

カテゴリー: 転職・求人関連 | コメントする

新卒者の転職が増えている理由

最近では大卒で就職した人の30%が3年以内に転職を経験するそうです。一方で定年退職まで同じ会社で勤め上げる人は30%程度と言う統計もあり、昔から転職を経験した人の方が多かったのです。

しかし、新卒で就職した人が自分の意思でそんなに早期に離職すると言った事は少なかったように思います。
こんなに新卒で入社した若者が転職する理由には、会社側と若者側の両方に理由があるように思います。

会社側は昔に比べて余裕がなくなり、アットホームな雰囲気等の居心地の良さが減少した事が大きな理由の1つと思われます。
一方で若者側は、アルバイト経験をしている人が多く、飲食関係などで高い時間給をもらった経験があり、それに比べて社会保険料などが天引きされた手取り給与が低いと感じる傾向があります。それに輪をかけて何かあるとブラックだと言う言葉で不満表明する等、我慢強さが減少している事が大きな要因だと思います。

同じ転職するなら、キャリアアップの転職であってほしいと、ふと考えてしまいますネ。

カテゴリー: 転職・求人関連 | コメントする

自分にあわない製造業早く転職したい!

自分は現在製造業の生産者をしています。41歳で子供が二人妻ひとりの四人家族です。最近この歳で家族がいてこんなこと言うのはちょっと奥がましいのですが、転職したくてたまりません!

今の仕事は自動車産業なので、年収は500万以上あり生活も安定していいのですが、仕事が面白くないというか、いまの仕事一生を終わらすのがどうしても我慢できません。

サラリーマンはそこを我慢するのが筋だとおもいますが、自分はこの先この同じような仕事10年以上やるとなるとどうしても我慢できないのです。かといって転職してどこかで雇われて働くのは、はっきりいって無理だとおもいます。転職して他の企業が41歳の中年をすんなり受け入れてくれるわけないとおもいます。

転職するな少しお金を貯めて200万ぐらい払いフランチャイズ店などを経営してみたいです。いまの仕事は出世もしたくないし何もしたくありませんただ無気力に働いているだけです。

といっても適当ってわけではありません10年以上やっているのでほとんどわからないことはありませんどこをやっても自然と普通に仕事ができます。今後は最後のチャンスで今年来年にかけ転職をかんがえています。

カテゴリー: 転職・求人関連 | コメントする

外壁塗装の耐用年数を調べる

自宅の外壁塗装をする事はあります。
1月から少しずつ伸びる傾向にあるのが外壁塗装だそうです。

外壁塗装には目安があり、そこで用いられるのが、外壁塗装の耐用年数です。
耐用年数の一番の目安は、塗料となり、塗料によって概ねどの程度持つのかがわかります。

一番、塗料で耐用年数が低いと言われているのがアクリル系で、昔は主流でしたが今ではほとんど使われなくなりました。
逆に一番持つと言われている塗料がフッ素塗料です。しかし、値段の加減も影響して主流としてはシリコン系になります。

フッ素系は塗料自体が結構高いので、費用対効果を考えた場合に、シリコン系をやられる方が多い傾向です。

カテゴリー: リフォーム関連 | コメントする

インターネットの引越し

引越しをするには、インターネットも必要です。
インターネットを利用されている方だけに限りますが。
このインターネットの引越しはなかなか曲者で、忘れがちになる割に、契約までに時間を要する事も少なくないです。

例えば、新しい新居ですでにケーブルが引かれている場合は良いのですが、ケーブルの引きこみが必要な場合に時間がかかります。
それこそ、工事業者が立て込んでいるようであれば、2週間から1ヶ月ほどの待ちはざらにあります。

このように、結構面倒なインターネットの契約なので、これから引越し季節に入る方には、必ず確認してほしい事項の一つです。
忘れていても、気付いた段階ですぐに確認する。これが上手くいく為の方法です。

カテゴリー: 引越し関連 | コメントする