1つのドアが閉まると違うドアが開くってなに?よくわかんないからサルが聞いてきた

トップページ > カニの魅力を十分に引き出すためには調理の手順などにも気を遣う
ページの先頭へ

カニの魅力を十分に引き出すためには調理の手順などにも気を遣う

活きた蟹をさばく際の手順をご説明しましょう。

蟹は腹の側からさばくので、まずは腹が上になるようにまな板に置きます。

蟹のふんどしを外します。



これは蟹のオナカにある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。
オナカを割るのには包丁の手元の部分を使います。続いて、腹の切れ目をセンターに、足を甲羅から取り外します。胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。
カニミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。

最後に、食べやすくするため、足を関節の部分で切り離し、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておくというのが捌き方の基本手順です。
皆さんの中には、蟹通販を利用した経験があるとか、知人が買っていたとかいう方もいるでしょう。
でも、おみせではなく通信販売で買った蟹がそんなに美味しいのか気にされる方もいるのではないでしょうか。



少しばかり昔なら、蟹に限らず、通信販売で採れたてな海産物が買えるという話はそう簡単には信じられませんでした。

ところが、ここ最近では店頭で買うのに劣らないグレードの蟹を各種のおみせからお取り寄せで買えるようになりました。モクズガニはズガニと呼ばれることがあります。


正式名称はモクズガニの方です。モクズガニというと聞いたことがある人は少なくないでしょう。
モクズガニは河川でみられるカニで、特色は鋏に生えた毛です。

甲羅が小さく、手のひらより一回り小さい大きさですが、実は脚の方に着目すると、長いことが特色です。



特にカニのお味噌汁であったり、炊き込み食事であったりといった形で口にされます。


カニの魅力を十分に引き出すためには、調理の手順などにも気を遣う必要があります。
多くの場合、茹でて賞味するのが基本ですので、正しい蟹の茹で方を把握しておくことですべてが決まると言ってもよいでしょう。


茹でカニにおいて大事なこととは、単純なようで大事なことですが、大きな鍋を使うことなのです。

蟹全部を水に浸すようにすれば、失敗せず、美味しい茹で蟹を味わうことができます。
おいしい蟹をいただくにはどのような方法があると思いますか?店や通信販売で売っているものを買う以外にも、温泉へ行ってしまうというやり方です。カニを美味しく食べられる、そんな温泉地に行けばいいのです。
カニが獲れる場所からほど近いところにある温泉地であれば、行く時期によっては蟹、そして温泉、両方が贅沢に味わえると思います。しかし注意点が一つあり、いつでも楽しめるのは温泉の方だけで、カニは必ずしもいつでも食べられるとは限らないので、シーズンに合わせて行きましょう。

ネットで見かけた北海道のカニ取り寄せ!お得で美味しい評判のカニショップが気になって仕方がないとう方は多いのではないでしょうか。安さでは群を抜いているので、一目見ただけなら、大変便利でいいものでしょう。

しかし、もちろんリスクもあります。
一般的な市場価格とくらべて、あまりに安い場合、商品に重大な欠陥があると言うことも考えられるので、十分気を付けて下さい。
口コミやレビューなどで、その組合の評判を見てから購入を考えるとよいでしょう。

蟹のブランド(最近では、アウトレットでオトクに買うのも流行っていますね)にもさまざまありますが、よく名前が知られているのはズワイガニ(甲殻類クモガニ科のカニで、食用として特に人気が高いです)ですね。
蟹の中でも随一の旨味や甘み、そして繊細な風味を持っています。


ズワイガニ(甲殻類クモガニ科のカニで、食用として特に人気が高いです)を一度味わってしまえば、その他のカニは今後、選択肢に上らなくなることでしょう。
ズワイガニ(甲殻類クモガニ科のカニで、食用として特に人気が高いです)には、産地やオスメスによっていくつもの種類がありますが、それを見分けるのが、脚に付けられたタグという目印です。
ブランド(最近では、アウトレットでオトクに買うのも流行っていますね)蟹のタグが付いていれば、味や品質にはまず間違いはありません。

カニの購入で失敗しないためにも、商品をセレクトする際には念のため、タグを確認することをオススメします。かにお取り寄せのおみせにも、ワケありの商品があるって知っていましたか。


美味しければワケなんてどうでもいい人もいるかもしれませんが、大抵はワケありは不良品とも言えるかも知れず、そこが、業者の誠意を推し量る上で大変役たつと思います。基準は統一されていないので、販売店によって差が出ることもありますが、大抵、大きすぎたり、味は十分美味しくてもちょっと小さいとそれだけではじかれるのです。

人間と同じで、「みなさん違ってみなさんいい」はずなのにそうではなく、他とのつりあいで外れるかにもあります。
気がつかないような甲羅や爪の傷も容赦ありません。正規品にむやみに拘る意味などないこともわかり、ワケあり品だからってあまり気にする必要なんてないですね。
ワケありかには、我が家の定番になるかもしれません。

外れのないおいしいかにを食べたいとおもうなら、ブランド(最近では、アウトレットでオトクに買うのも流行っていますね)がついたかになら、はずれなしと考えるそれで失敗はないでしょう。
かに本体、あるいは箱を見て下さい。
ブランド(最近では、アウトレットでオトクに買うのも流行っていますね)がにならブランド(最近では、アウトレットでオトクに買うのも流行っていますね)名がシールやタグで示されており、それは、特定地域の漁港で水揚げされたかにの明確な表示です。言うまでもなく、それが味の保証となっているので、産地を指定して購入して貰いたいためにブランド(最近では、アウトレットでオトクに買うのも流行っていますね)化に至ったわけです。蟹には各種の食べ方がありますが、中でも美味しいのはまず蟹鍋、そして茹で蟹でしょう。


他の調理法も捨てがたいですが、やっぱりこの二つが群を抜いています。

中には、蟹しゃぶや蟹刺しを推す人もいるかもしれませんが、漁港の専門店で食べるような例外を除き、鮮度が落ちるので味は微妙です。


蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いといわれる理由がそれです。


それなら多少鮮度が落ちたくらいでは味は悪くなりません。

もし風味が足りないと感じたときには、定番の土佐酢はもちろん、醤油やポン酢など付けるものを工夫すれば立ちまち美味しくなります。
Copyright (c) 2016 1つのドアが閉まると違うドアが開くってなに?よくわかんないからサルが聞いてきた All rights reserved.